デモを行ってRPAを導入できる業務内容の例を紹介します

RPA デモ

RPAという言葉に聞きなれない方もいらっしゃると思います。そもそも、RPAとは何かという話ですが、RPAとはロボティック・プロセス・オートメーションの略です。要は、ロボットで作業工程を自動化するといった感じでしょうか。主に事務作業などの頭脳労働の部分をこのRPAで作業の効率化を図るわけです。ですが、このRPAを会社に導入しようとした時、従業員にRPAとはどういったものか説明するのは、言葉では限界があります。そういったこともあり、RPAを導入した際のデモを見せるのが一番いいでしょう。今の世の中、働き方改革という形で労働者の働き方の見直しが検討されています。労働者ばかりに負担を強いる世の中ではないという事です。では、労働者に負担を強いることなく作業効率を上げるにはといった時に、有効利用したいのがこのRPAということです。

RPAのデモでメリットとデメリットを従業員に知ってもらう

作業効率の自動化と聞くと、製造業が主だという認識がおおいかと思います。頭脳を要する事務部門は、結局、人の手、人の目が必要と思われがち。そして、自動化するということは、その自動化の部分をメンテナンスする技術者が必要になるのではないかという声もあるでしょう。要はIT技術の専門員がいるのではないかという事です。ですが、RPAはそういったことも一切いりません。では、RPA導入のメリットというのは何でしょうか。そのメリットをまず、従業員の方に知ってもらって理解してもらう事が重要です。そのために、分かりやすいデモを作成することが必要なのです。見る人から見た時に、ただ楽しいだけだと思われないように気をつけたいです。あくまでも従業員を守る為にという事をしっかり伝えられるようにしましょう。

RPAのデモを導入する際に気をつけたい事

日本では高齢化がどんどん進み、現場の第一線で活躍していた人たちの退職率や、若い世代の離職率も高いです。そういう事もあり、パート労働者や外国人労働者の受け入れが必要不可欠となっておりますが、それでも社員さんに対しての残業時間や休日出勤が増える一方となっています。そこを改善する為にも、RPAの導入が必要なのです。まず、RPAのデモを作成する場合、どうすればいいのかという事ですが、現場の責任者を必ず加える事です。やはり現場での事は現場の責任者が一番把握しているものです。まずは現場でどういった部分に人員や時間を割かれているかという現状調査から始まり、どの部分にRPAを導入すれば作業効率化に繋がるかを、一緒に考えるのが効果的であると考えます。そして、そういった現場での声をしっかりRPAに組み込むことで、しっかりとしたデモを作成し、導入に繋がるはです。