情報システムでRPAとデモを取り入れるメリットとデメリット

RPA デモ

近年、RPA(ロボティック・プロセス・オートメーション)と呼ばれる、ロボットによる業務自動化のシステムが急激に普及してきています。生産人口が減少し続けると予想されている日本において、人員不足が生じても生産性を下げない対策が必要になっています。実際に様々な職場で人手が足りないという問題が発生しています。そこでRPAというコンピュータシステムによって業務を自動で出来るものは任せるという対応をとっていくのですが、今まではプログラムの専門知識が必要でした。しかしRPAの登場により、難しいプログラムの設定を人間側がデモを示すことで省略されながらも、情報システム業務を機械に任せてしまうことが出来るようになっているのです。そのようなシステムを導入するためには、やはり気になるメリットとデメリットを知っておく必要があると思います。

RPAにある能力と効果の具体例

某大手都市銀行においてRPAを導入したところ、従業員が1日8時間働く場合の約1000日分の仕事においてRPAが代わりに行えるという結果がでました。このようなプログラムの作成において以前と違い、今では専門知識がなくてもどんな風に行うのかをRPAに教えることが出来るようになっています。作業手順をデモンストレーションしていくことで、その作業をRPAが自動で行ってくれるようになりました。例えば、Aという部署にメルマガ購読者のリストがあり、Bという部署に商品発注リストがあったとします。メルマガ購読者がどの程度でどんな商品を購入しているかといったことを常に自動で情報を統合しグラフにしてくれるという設定が視覚的に設定出来る上に、業務を行ってくれるというものがRPAで、RPAのクラス1が得意とする部分です。今後は、クラス2やクラス3という能力が向上していくことが予想されています。

RPAを導入するにあたってのメリットとデメリット

RPAのメリットとデメリットを説明します。メリットとして1番は人間関係の煩わしさがなくなることです。設定さえ済ませて置けば、いつも同じ能率で仕事をします。世代間ギャップにおいての職場ストレスから抜け出すことが出来て、RPAは24時間365日働くことが出来ます。さらに、起動やシャットダウンも設定しておけば、時間通りに働きます。作業においても集中力の波がないので安定的な作業を行ってくれるので安心です。しかし、RPAにもデメリットがあります。くり返し作業には強いのですが、応用が必要な作業には向かないということです。またPCに関する非常事態が起こった場合、当然業務が止まってしまいます。引き継ぎが不十分だと、設定変更の際に全て一から設定し直すことにもなります。そのようなことを防ぐために、RPAの使い方のデモにて説明を受けているスタッフを数名準備しておくことで、非常時の対応が可能になると思います。