業務にRPAのデモから導入までを行う際にかかる期間と費用を解説します

RPA デモ

RPA「Robotic Process Automation /ロボティック・プロセス・オートメーション」は、主にデスクワークの定型作業をパソコンにインストールしたソフトウェアに、代行・自動化させる事ですが、コストやヒューマンエラーの削減を目的にしており、導入する企業が急増するほどの盛り上がりを見せ、企業だけでなく自治体へも浸透しています。最近の働き方改革の機運にも乗って、導入する企業や自治体が増加していく事でしょう。実際の導入には経営者・現場のオペレーター・情報システム部門のそれぞれにメリットが有り、これからも進化していくRPAはAI技術を取り込んで、生産性の向上や長時間労働の是正に無くてはならないシステムになっていきます。デモを使った情報システムでのRPAの使い方や、RPAのデモから実際に業務へ導入するまでにかかる期間と費用についても解説します。

情報システム部門を効率化するRPAの使い方をデモで解説

RPAを導入する事によって情報システム部門が効率化できるケースはいくつかあるのですが、現在稼働しているシステムを大幅に変更することなく導入でき、既存システムの仕様レベルを高めることができます。そしてRPAは今までオペレーターが手操作で行ってきた、コピー&ペーストの繰り返しによるデータの書き込みなどのルーチンワークを、とてつもなく高速に、ミス無く、疲れ知らずにこなすソフトウェアロボット。オペレーターがしてきたPCの操作手順をロボットに記憶させ、社内システムやウェブへ情報を書き込んだり読み込むことができます。これまで情報システム部門が主導してきたシステム開発を、現場の事を一番良く知っている「現場」がソフトウェアロボットを使い、率先して自らの仕事を自動化しようとすることで、情報システム部門はRPAを活用するオペレーターのサポートをするだけで、細かな業務まで効率化されるのをデモで説明します。

RPAの導入にかかる期間と費用の目安

RPA導入に掛かる費用と期間は、具体的な導入規模や既存システムとの連携に必要なオプションが、どれ程必要になってくるのかで変わってきます。RPA導入の費用の考え方と期間の目安をデモでも説明します。RPAの導入工程では、どの様な業務を効率化したいのか、それに伴うメリットを想定することで、RPAでどこまで自動化できるのかを選択し、それに必要なツールを見積もる導入前工程。ロボットの設計や柔軟性についてのテストや評価、エラーへの対応を確認する導入工程。ロボットの運用管理機能や保守管理体制の構築を行う導入後工程です。これらを処理していくのにどれぐらい期間が必要かを見積もる事で、導入に掛かる期間の目安になります。また費用はシステム関連に関わるソフトウェア費用に加え、コンサルティング費用などが必要です。導入規模で大きく変わるので、導入後やシステムの拡張までイメージして試算することが必要です。